勉強方法とか。

試験が終わってから、3週間が過ぎようとしています。
早っ!

ぼちぼちと勉強を続けつつある私ですが、
今になって悩み始めてきました。
それは・・・どうやって勉強しよっか?ってことです。
今更!
そんなんみんな、試験終わってすぐ考えてたやろー
って一人突っ込みを入れてます。

去年選んだ通信は、ユー〇ャンです。
お値段が、月々4000円と非常にお手ごろだったので、
それとなく始めてみたのですが、深く考えていませんでした。

最初(2007年7月)に10冊のテキストと4冊の問題集が送られてきて、
これを自分のペースでやりましょ♪って感じでした。
各科目ごとに課題があり、それを出して、添削されます。
もちろん分からないところはメールで聞く制度があったり、
都会の人は、スクーリングもできたみたいですが、
あまり利用できませんでした(^^;

勉強を進める途中、どうしても年金2法が理解できずに、
年金特訓というDVDを購入し、それをきっかけに
DVDのテキストとして使うからと、基本書を買いました。それが5月です。
後は、法改正とか、労働経済や白書の講座も申し込みました。
でも、基本書を買ってからというもの、10冊のテキストは全く使いませんでした。
しかも前年7月に送られてきたものだから、古いし。

このやり方じゃあ、独学と同じだった?!
10冊のテキストも、1冊の基本書でよかったやん・・・。
なんて、試験が終わってから気が付きました 汗
最初に払ったお金は何だったんだ。高いテキスト代だ。
ユー〇ャンのシステム(良さ)を使いこなせなった私が悪いんですけどね^^

今年の勉強は、基本書を元に、独学でまた頑張るつもりでしたが、
それとなく予備校が気になって、フォーサイトとiDE社労士塾のサンプルを取り寄せました。
フォーサイトはDVD、iDEはCDがついていて聞いてみたのですが、

やっぱり違うなぁ~(T^T)

独学では(もう独学って言っちゃってる)主に「暗記」でしたが、
予備校の先生は「理解」を教えてくれますね。
これは、私には欠けている部分だと思いました。
最終的には暗記しなければならないのでしょうが、
理解した上での暗記が望ましいんじゃないか・・・って今更ながら思いました。
(もちろんユー〇ャンもCDなどは追加で買えますよ。
でも気が付いた5月からだと時間的に間に合わなかった・・・気が付くのが遅すぎたんです)

さぁ、気が付いたからには次を考えなきゃ。
DVDやCDを実際試してみたときの印象と、お金との相談ですな。
他の予備校も気になり始めてきました。
どうしよう~・・・・
[PR]

by mulberry55 | 2008-09-12 18:29 | 社労士勉強