保険料のこと

今日は、保険料の話を少し。
実務に就かれている方には知ってるよ!って話だと思うし、
結局は私の困った体験談になるとは思うのですが 笑
お暇な方はお付き合いください~

年〇事務所には、保険料に関しての問合せがよくあります。
その月の保険料額をお知らせする納入告知書(だったかな?)が届く前に、
その月支払いの保険料額を知りたいから教えてくれという問合せが多いです。
その場合、端末をたたいて、その事業所全体の健康保険保険料、厚生年金保険料、
児童手当拠出金、合計額をそれぞれお伝えします。

また、保険料の通知が来たが、自分のところで計算した額と違うんですが・・という質問もあります。
その場合は、事業所別にその月の保険料の増減をまとめた綴りがあるので
それを見ながら答えます。
毎月の保険料の計算には締日があり、その日までに入力された情報に基づいて計算をします。
よって、従業員が退職するなどして出した資格喪失届の処理などがその日に間に合わないと、
その方の保険料分も計算されてしまい、多く通知されることがあります。
事業所の方は、喪失届を出しているのに何で?と思われるでしょうね(^^;
その場合の保険料は、次月の保険料で調整する仕組みになっています。
後は標準報酬月額が変更になって(月額変更などで)保険料が変わっている場合。
質問された方のたいていは、これらのことをお伝えすると、納得してくださいます。
保険料額が合わない場合、その月のみ保険料が合わないのなら
比較的簡単に原因を突き止めることができるのですが、
数ヶ月にわたって合わないとなると・・・少し時間を取られてしまいます(^^;
そんな電話に当たりませんように・・・と今はただ祈るばかりです(小心者)。

お話している流れで、じゃあこの従業員の保険料はいくらになりますか?
と聞かれることがあります。
この場合、私はまだ、非常に焦ります ドキッ∑( ̄Д ̄ll)
その方の標準報酬月額を確認し、
健康保険料、厚生年金保険料、児童手当拠出金、年齢によっては介護保険料を計算し合計します。
健保組合の方であれば、健康保険料は計算しません。
70歳以上の方であれば、厚生年金保険料は計算しません。
2以上勤務の方であれば・・・ 按分・・・? 
ダァー!!ヽ(゚Д゚*)ノ
焦ります・・・非常に焦ります。このまま電話を切ってしまいたいほどです 笑
保険料率も9月分から変更になっているし、いろいろと確認していくうちに、
パニックになってきます 笑
するりと答えている先輩職員のようになれるのはまだ遠い先のような気がします。

やはり、日々精進するしかないのですな 笑

自分自身が保険料のことをちゃんと理解していない部分があるように思います。
だからすぐに答えられないんです。
慣れもあるでしょうが、早く慣れて、楽になりたいですね~。
[PR]

by mulberry55 | 2010-09-26 20:28 | 仕事のこと